貧乏旅99 富山編

それは一本の電話から始まった

 1999年8月22日、日曜日。

 深夜に福岡の友人、しいさんから電話がかかってきた。

「今度の休み、富山へ行かんか?」

 話を聞くと、富山にすごい滝があるという。落差は350メートルと日本一。しかも夏の間しか見られない。

「テレビで見て、どうしても行きとうなった。一緒に行かんか?」

 私もテレビで見たような気がする。今度、というのは8月26日のこと。福岡で会って10日もしないうちに再会できるなんて。

 話し合いの結果、高崎から急行「能登」に乗り、車内で合流すると決まった。

 でも、お金ないけど…。

「能登」の切符代は出すから、青春18きっぷを用意しておいてね、と言われた。

「その代わり…」

「なに?」

「高崎までの電車賃はそっちで用意して」

「すでに日付は変わっているから『青春18きっぷ』で行くよ」

「そうか!」

 埼玉県の本庄市は便利なところだ。

 夏はまだ、終わっていなかった。

 早速、823日の朝、本庄駅で「青春18きっぷ」(11,500円)を買った。

ところが…。

 直前になってしいさんに急用が入り、行けなくなってしまったのだ。

 仕方ない。「ムーンライトえちご」に乗って青海川駅へ行こうか。

 825日、仕事を終えて、本庄駅へ。

「ムーンライトえちご」は満席だった。

 気がついたら、富山までの急行「能登」の指定席券を買っていた。乗車券と急行券、あわせて7,860円だった。

 510円からの大増収である。きっぷうりばの係員から丁寧にお礼を言われた。

 富山へ行って観光の後どうするか?

 そうだ、舞鶴の親戚の家に遊びに行こう。

 早速、電話した。

「あらまー、久しぶり〜。元気?」

 おばさんが出た。遊びに行っていいかと聞くと、

「いいけど…。お金、大丈夫なの?」

 私のビンボーはかなり知れわたっているようである。めでたくタダの宿を確保することができた。あとは、大垣からの東京行夜行に間に合うように出発して、夜勤に間に合うように本庄に戻ればいい。

 しいさんと一緒なら、黙ってついて行くだけで滝を見ることができる。しかし一人旅なら、行く方法を調べなくては…。「立山にある凄い滝」というだけしか知らないのだ。

 時刻表の索引地図を調べてみた。

 立山の近くに滝はないか…。

「凄い滝」だからなにかしら載っているはず…。

 地図に「称名滝」を発見。

 多分これだろう。立山からはバスが出ている。

 よし、目的地設定。行き先は「称名滝」。

 まだ、この時は読み方を知らなかった。

前ページに戻るトップページへ戻る次のページへ貧乏旅目次へ

高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com】

国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

学生 グループ旅行

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

総合旅行予約サイトの楽天トラベル inserted by FC2 system